01  UCHINO BRAND

01-1Philosophy

「内野ブランド」それは“最高の技術力とクオリティー” と同義語でありたい。
私たちは、絶えずそのことを心に刻み、試作用ギア、レース用のギアをコアに、自動車、オートバイに関するさまざまな製品を製作し続けています。そして最高の技術力とクォリティは、常に時代とともに変化し続けなければならないことも知っています。

技術力を研鑽しより高い領域に行こうとすれば、おのずとそれを作り出す設備もより高い領域を求められます。日本の自動車産業は、まさに世界最先端産業です。世界各国で期待と成功を求められる新車開発といういちばん大切な創造の領域と、最高品質だけしか要求されないトップレースカテゴリーにおいて、私たちの技術がお役に立てていることを誇りに、常に前を向いた技術開発、製品と、それを生み出す最先端の工作機械。そして最も大事な“最高の人材を生み出していくこと” を追い求めていきたいと思っています。

“より高度な性能と加工精度を必要とする歯車は絶対内野製作所” だという“内野ブランド” の誇りを、さらに強くしていくために。

01-2History

1927年内野製作所 創立

1927年内野製作所 創立

初代社長 内野義治氏

初代社長 内野義治氏

初代社長と彼の長男である三代目社長内野鐡雄

初代社長と彼の長男である
三代目社長内野鐡雄

1960年代の内野製作所工場内

1960年代の
内野製作所工場内

1960年代の内野製作所工場内

1960年代の
内野製作所工場内

1960年代の内野製作所工場内

1960年代の
内野製作所工場内

2011年本社社屋新設

2011年本社社屋新設

内野製作所は、昭和2年創業者内野義治が織機部品修理会社としてスタートしました。その後第2次世界大戦の空襲での工場焼失を経て昭和24年に有限会社内野製作所として再開。いち早く自動車産業が日本の基幹産業になると判断した2代目次男内野鐵雄は、ヨーロッパ国際見本市への研修参加をきっかけに、ホンダ2輪研究所試作車用精密歯車の生産を開始。引続き4輪試作車歯車の生産も受注しました。
外資系潤滑油メーカーから転職、後を継いだ3代目内野徳昭により、より高度な技術革新や、IT化を促進。国内4輪・2輪全メーカーからの試作ギアの依頼を受ける営業と製造体制づくりに集中。2011年に、社員の作業環境と高効率化を目的とし、さらに自然環境を巧みに利用した現社屋 & 工場を八王子戸吹町に建設、業務を全面移転しました。

1927年 9月 創業者(故)内野 義治が、織物機械修理を目的に創業
1945年 8月 戦災により工場を焼失、終戦のため工場閉鎖
1949年 9月 有限会社 内野機械製作所を設立
1954年 12月 プリンス自動車(株)より自動車部品の加工を受注
1961年 4月 八王子市大和田町に工場を新築移転
1966年 11月 プリンス自動車(株)の合併により日産自動車(株)の協力会社として登録される
1968年 6月 商号を『株式会社 内野製作所』へ変更
1974年 12月 新設備機械導入により工場増設
1981年 10月 (株)本田技術研究所朝霞研究所より二輪汎用機開発用部品の歯車等を受注
1986年 6月 (株)本田技術研究所和光研究所よりF-1用精密歯車、四輪研究開発用歯車を受注
1987年 11月 (株)本田技術研究所よりF-1世界選手権コンストラクターズチャンピオンとドライバーズチャンピオン獲得の際の開発協力で表彰される。
1988年 11月 (株)本田技術研究所よりF-1世界選手権コンストラクターズチャンピオンとドライバーズチャンピオン獲得の際の開発協力で2年連続表彰される
1989年 11月 (株)本田技術研究所よりF-1世界選手権コンストラクターズチャンピオンとドライバーズチャンピオン獲得の際の開発協力で3年連続表彰される
1990年 4月 代表取締役社長に内野 鐵雄が就任
11月 (株)本田技術研究所よりF-1世界選手権コンストラクターズチャンピオンとドライバーズチャンピオン獲得の際の開発協力で4年連続表彰される
1991年 11月 (株)本田技術研究所よりF-1世界選手権コンストラクターズチャンピオンとドライバーズチャンピオン獲得の際の開発協力で5年連続表彰される
1992年 1月 (株)本田技術研究所よりF-1世界選手権の新技術開発と通算71勝目の開発協力で表彰される
1998年 4月 代表取締役社長に内野 徳昭、専務取締役に内野 誠一が就任
5月 本田技術研究所朝霞研究所より新機種開発における貢献により優秀感謝状を受賞
2000年 4月 本田技術研究所朝霞研究所より研究開発における試作部品の製作協力により優秀感謝状を受賞
7月 KAPP歯研機の導入によりCBN研削技術を導入
2011年 11月 本社社屋を八王子市戸吹町へ全面移転
2012年 10月 本社社屋増築2期工事着工
11月 複合研磨機スイス製Studer社S41導入(長尺物及び特殊形状研磨が可能)
2013年 3月 本社社屋増築2期工事竣工
11月 第11回東京商工会議所勇気ある経営大賞 大賞受賞
11月 第31回日刊工業新聞社 優秀経営者顕彰 地域社会貢献者賞受賞
12月 第11回多摩ブルー・グリーン賞 多摩ブルー賞・優秀賞・特別賞受賞
12月 複合歯研機ドイツ製KAPP YX59導入(内歯歯面及び長尺物研磨が可能
2014年 3月 複合研削盤スイス製CNC旋盤G250導入(長尺物複合旋盤及びブランク加工が可能)
6月 本社社屋第3期工事太陽光発電装置設備設置(発電パネル300枚:75Kwh)
8月 米国グルーソン製ホーニング盤ZH250導入によりホーニング技術を導入
2015年 9月 複合研磨機スイス製Studer社S41導入(長尺物及び特殊形状高精度研磨が可能)
11月 東京消防庁八王子消防署地域貢献者賞受賞
2016年 4月 業務効率化にためバーコードによる生産システム導入
6月 本田技術研究所より「搬入優良賞」受賞
6月 ドイツ製フィニシュバレル機導入(歯面のポリシング仕上げを可能)
7月 複合歯研機ドイツ製KAPP KX300P導入
7月 東京都ものづくり・匠の技祭典実行委員長賞弊社社員受賞
8月 イタリア製シャフト部品光学測定機導入(シャフト系光学測定可能)

01-3MESSAGE

「お客さまに対して、正直に良いものを作る」
当たり前のことだと生産に携わる経営者なら誰しもそう言うと思います。しかしそれを実際に実行する事は、たくさんの要素が絡み合いながらもそのすべての要素が良い関係性を保ち、正しいと信じた方向に向かわなければ成し遂げられない、非常に困難でやりがいのある仕事です。

たとえば惜しげも無く世界最先端の工作機器を導入することです。
常に世界に目を向け優れた工作機械を導入することは、我が社の品質をより高くするための大切な投資です。そのためには、それを操作する人的レベルも同時に向上させなくてはいけません。高い品質でモノ作りを続けていくためには、高いスキルと知識を常に進化させていく。そのためにもそれぞれが働く「場」というものを整え、みんなが気持ち良く働く環境を作って行く。そのことこそ良い物作りのための大きな原動力となるはずです。また、常に変化していく自動車業界や機械加工技術に対応するための研修や、次の作業をより充実するための福利厚生なども、モノ作りと同じく業界ナンバーワンを目指しています。

たとえば地域貢献です。
企業の成長は地域の理解と協力なくしては成し遂げられません。その協力に対して感謝の心と実行で応えていく。税金を納めることはもちろんですが、この地域から雇用する社員たちの作り出す品質が、世界から賞賛されることもまた地域の誇りとなり、発展への大きな要素となるはずです。

2017年で創業90周年を迎える内野製作所は今までの進化に満足せず、100年、またその先を見据えどのような状況になっても、「お客さまに対して、正直に良いものを作る」ことを最優先に、いかなる努力も惜しまず技術と製品の品質を高めていきたい。社員一丸となって未知なる扉を次々と開けていきたいと思っています。